おおかわら歯科医院|歯周病の外科治療  JR浜松町駅・地下鉄大門駅より徒歩1分、インターネット予約歯科医院

歯肉整形術
 歯肉が盛りあがっている場合の予防手術です。歯肉が盛りあがっているということは、歯周病になる予報でもあります。したがって、この盛りあがった部分の歯肉を切りとって、食べカスや歯垢が流れやすいようにするのです。比較的簡単な手術で、数分から数十分で終わります。

歯周ポケット掻爬(そうは)術
 ポケットの深さが3~4ミリ前後という、比較的軽い歯周病の場合に行なわれる手術です。
 麻酔をかけ、歯石や血ウミと一緒に患部の歯肉を削りとります。肉眼でみえないところなので、かなり難しい手術です。
 手術後の歯磨きの励行によって、歯肉は歯に再びつき、ポケットはなくなります。

新付着術
 おもに前歯の場合に行なう手術です。手術後に歯の根が露出するのを防ぐのが目的です。したがって、歯肉の外側を生かし、内部のポケットだけを切り取るのです。

フラップ手術
 歯周病がかなり進み、重度の場合に行なう手術です。歯肉をはがし、歯石や血ウミとともに炎症部の歯肉を切りとったあと、肉をもとどおりに縫い合わせます。

歯槽骨整形術
 歯周病は細菌によって骨を破壊し、骨がデコボコになったり、骨に穴があいたり、異常な形態になることが多いです。その異常な骨の形態を可能な限り移行的にする目的で行なわれます。

骨移植術
 歯の根の周りの骨が溶けて、骨に穴があいてしまった場合に、口の中のほかのところから健康な骨を取り、その穴にうめる治療法です。フラップ手術と同時に行ないます。

歯肉移植術
 歯垢や歯石などの細菌や、歯ブラシやほかの清掃器具などの刺激に対して、抵抗できるほどの丈夫な歯肉が不足している場合に、抵抗力のある歯肉を弱い歯肉のところに移す手術です。

歯肉移動術
 歯肉移植術が必要とされるような抵抗力の少ない歯肉の部位へ、その周囲の丈夫な歯肉を移動させる手術です。歯肉移植術と歯肉移動術は、その部位の将来の健康維持を目的とした予防的な配慮としても手術です。