おおかわら歯科医院|虫歯の分類  JR浜松町駅・地下鉄大門駅より徒歩1分、インターネット予約歯科医院

虫歯は、程度によってC0~C4に分類されます

C0:脱灰
 自覚症状はなく、白っぽく色のついた状態で痛みもありません。この段階での治療は適切なブラッシングとフッ素塗布などの予防処置により、再石灰化(再生)してきます。
C1:歯の表面(エナメル質)の虫歯
 痛みはありませんが、小さく穴があき放っておくと虫歯が悪化してしまう段階です。 この段階での治療はエナメル質を一層削り、主にプラスチック系の材料を詰めて治します。

C2:歯の中(象牙質)まで進行した虫歯
 歯に穴があき冷たいもの、熱いもの、甘いものを飲んだり、食べたりしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。この段階での治療は悪い部分を取り除き形を整えて、金属やプラスチックのつめ物や銀歯をかぶせて機能を回復させる処置になります。

C3:神経の穴まで進行した虫歯
 歯に大きく穴があき、激しい痛みを感じます。この段階では神経をとる治療が必要となります。神経の治療後、土台を作り補強してから銀歯などをかぶせ機能を回復させる処置になります。

C4:歯の根しか残っていない状態
 歯がなくなり歯の根しか残っていない状態で、ここまで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。最悪の場合、抜歯が必要となります。抜歯後は取り外し式の入れ歯(金属製のバネを歯に掛けて人工の歯を支えます)、固定式のブリッジ(隣りどうしの歯を削って人工の歯でつなぎます)などを装着して機能を回復させる処置を行います。